ネット通販 抽選 無料

釣り用語集



【アイ】
ルアーやフックの、ラインを結ぶために環状になった部分のこと。
【アウトサイドエッジ】
ウイードラインや連続したカバーなどのオフショア側の縁を指す。[⇔インサイドエッジ]
【アウトサイドベント】
川のカーブ外側、リザーバーの蛇行している部分の外側にふくらんだ部分。[⇔インサイドベント]
【アウトレット】
湖などから流れ出す川や水路を指す。[=ドレイン][⇔インレット]
【アウトレンジ】
キャスティングでは届かない場所のこと。
【アオコ】
富栄養化の進んだ湖沼で、初夏から秋にかけて藻類が異常繁殖して、湖沼水が緑色に変色する現象。
【青潮(アオシオ)】
赤潮で大量に発生したプランクトンが死んだ後、海底に沈み分解されるときに大量の酸素を消費し、酸素濃度の低い海水が、海面に上昇した時に青白く見える現象の事。
【青物(アオモノ)】
ブリ、ヒラマサ、カンパチなど大型の背の青い回遊魚の総称.
【赤潮(アカシオ)】
富栄養化した海域で、プランクトンが水面で大量に繁殖し水の色が赤く見える現象の事。
【アキュラシー】
キャスティングにおける精度、正確性のこと。
【アクション】
ルアーを動かすことやロッドを操作すること、また、ロッドの硬さを示す言葉として幅広く用いられる。
【上げ潮(アゲシオ)】
干潮から満潮になっていく時の、潮位が上がっていく状態の事。[⇔下げ潮]
【朝マヅメ(アサマズメ)】
朝の明るくなり始める時間帯。[⇔夕マヅメ]
【アタリ】
魚がルアーに食いつくこと、またはその感触を得ること。魚信。[=魚信・バイト]
【当り潮(アタリジオ)】
沖合いから釣り座にぶつかってくる潮の流れで、当て潮とも呼ばれる。
【アップクロス】
河川や渓流釣りなどのときに上流側の斜め方向にルアーやフライをキャストすること。アップストリームキャストともいう。[⇔ダウンクロス]
【アップストリーム】
自分のいるところから上流。
【アフタースポーニング】
産卵を終えた後の事で、産卵で体力を使いきっているため活性が低いが、体力回復のために活性があがるとも言われている。[⇔プリスポーニング]
【アプローチ】
釣り人がポイントに近づくことや、釣りの決め手となる最初の一振り。
【アベレージ】
平均。アベレージサイズなら平均サイズのこと。
【アマモ】
魚やイカの産卵場所として利用される、泥地に自生する海藻。
【アミエビ】
2cm程のエビに似たプランクトン。撒き餌として使われるが、大きいものは刺し餌として使われる。
【荒食い(アラグイ)】
魚が落ちる前に、栄養を貯める為に一時的に餌をたくさん食べる事。
【荒瀬(アラセ)】
岩や石が見え隠れしているような場所で、水量が多く激しく波立って流れの強い場所。
【アワセ】
魚がルアーや餌にバイトした際、フックポイントを魚の顎に貫通させるためにロッドを強くあおること。[=フッキング]
【アワセギレ】
アワセが強すぎたり、糸に傷が入っていた為に、アワセた時にラインが切れる事。
【アンカー】
釣り船やボートが流されないように海底に沈めるオモリ(イカリ)のこと。
【アングラー】
ロッドを使って魚を釣る人を指す言葉。
【アンダーショット・リグ】
シンカーをラインの先端にセットし、フックをその上部にセットするリグの一種。[=ダウンショット・リグ]
【アンチリバースレバー】
スピニングリールの後部や下部についているレバーでストップレバーともいう。