lbgʔ I

釣り用語集

【イカナゴ】
魚釣りをする上で幼魚が餌として使用される細長い体をした魚。水温15度を超えると砂の中に潜る。
【居食い(イグイ)】
魚があまり動くことなくエサを食うこと。そのため竿やウキにアタリが出にくい。
【生け締め(イケジメ)】
魚の鮮度を保つために、生きている間に急所をナイフなどで刺して殺す事。[=野締め]
【イケス】
魚を生かしておくために釣り船や遊漁船、ボートなどの底に設置されている水槽のこと。
【一文字(イチモンジ)】
港の沖合につくられた両端とも陸から離れている防波堤。[=沖堤]
【居着き(イツキ)】
回遊せず、根などにすみつく魚。
【一本釣り(イッポンヅリ)】
1本の竿で釣ったり、1本の糸でやる手釣りのこと。1本釣りで釣られた魚は網で捕獲された魚に比べてストレスや傷みが少なく高値。
【糸ふけ(イトフケ)】
風や潮の影響で、糸がたるんでいる状態の事。ピンと張ってない状態。キャスト後、糸ふけを取らないとライントラブルの原因になるので注意が必要。[=スラッグ]
【糸よれ(イトヨレ)】
糸がねじれること。よれると糸の強度が落ちたり、エサが回転し喰いが悪くなる。また、糸が絡みやすくなりトラブルのもととなる。
【イブニングライズ】
水生昆虫の羽化が夕方発生するため日没時に起きるライズ。
【イミテーション】
模造の意味。ルアーの場合、本物の小魚や生き物に似せた精巧なものを指す。
【イレギュラーアクション】
竿を揺らしたり、巻き方に緩急をつけることでおこる不規則なルアーの動き。
【入れ食い(イレグイ)】
仕掛けを入れるとすぐに魚がかかる状態の事。
【インサイドエッジ】
そのエリアの岸側の端の部分のところ。[⇔アウトサイドエッジ]
【インターセクション】
合流点。本流と支流が混じり合うエリア。魚釣りにおいて魚が釣れる確率の高いポイント。
【インターラインロッド】
道糸を竿の中を通して使う仕組みの竿の事。[=中通し竿]
【インチ】
長さの単位。 1インチ=約2.54cm。
【インビジブルストラクチャー】
水上からは視認できない水中の地形のこと。
【インレット】
湖などに流れ込む川や水路などを指す。[⇔アウトレット]
【ウイード】
水生植物のこと。
【ウィードエッジ】
水草や藻、雑草の生え際のことで、魚が居着く場所。
【ウィードポケット】
ウィード帯にぽっかりと穴が空いたように見える箇所のこと。
【ウイードレス】
ストラクチャーや藻に絡みにくくなっているルアーなどのこと。
【ウィグリングアクション】
くねくねと動くルアーのアクションのこと。
【ウィンディーサイド】
湖や池等で、風のあたっている側。
【ウェイイン】
釣れた魚を検量すること。
【ウエーダー】
水中に立ち込んで釣るために履く防水の長靴兼ズボン。
【ウエーディング】
水中に立ち込んで釣ること。
【ウオーキング・ザ・ドッグ】
おもにペンシルベイトのアクションを指すトップウォータープラグが左右へ首を振るようにして進むアクションのこと。
【ウォブリング】
震えるように動くルアーのアクションのこと。ルアーを上方から見た際、左右にお尻を振るような動きを指す。
【ウネリ】
大きく起伏する波のこと。
【馬の背(ウマノセ)】
島や岬の延長線上で水中で盛り上がって傾斜している場所。川や海などの底の部分が盛り上がって傾斜している場所。