ネット通販 抽選 無料

釣り用語集

【ガーグリング】
スピナーベイトのリトリーブ・テクニックのひとつで、水面にブレードが出るか出ないかの状態でリトリーブし、ノイズを発生させること。
【カートップボート】
車の上のキャリアーに積んで移動できるボートのこと。
【カーブフォール】
キャスト後、ラインにテンションを張り、弧を描く様にフォールさせること。[⇔フリーフォール]
【カーボン】
ロッドなどの素材となる炭素繊維のことを指す。[=グラファイト]
【カーリーテール】
テール部がカールしているソフトルアーの形状。
【ガイド】
ラインを通すためロッドに装着されている環状のパーツ。
【回遊魚(カイユウギョ)】
一定の場所にとどまらず、広範囲に移動する魚のこと。理由は索餌(さくじ)回遊、産卵回遊、越冬回遊など魚によって異なる。
【外来魚(ガイライギョ)】
海外から日本へ持ち込まれた、元々その場所に生息していなかった魚のこと。
【海里(カイリ)】
主に航海で用いられる距離の単位で1海里=1852メートル。
【カエシ】
釣り針の先端部分にある小さな突起で、一度かかった針が魚の口から外れないようにするためのもの。[=バーブ]
【かけ上がり(カケアガリ)】
水中の傾斜した地形のこと。急激に深くなるボトム変化を意味する。[=ブレイク]
【活性が高い(カッセイガタカイ)】
魚が積極的にエサを取ろうとしている状態。
【カバー】
水面、あるいは水中の障害物や密集した水生植物。
【カブラ】
メバル、アジ、サバなどの釣りに使用する針元に丸い鉛の付いた擬似針のこと。
【カミツブシ】
仕掛けに付ける鉛製のオモリのこと。[=ガン玉]
【からまん棒(カラマンボウ)】
糸のからみを防止するための棒。
【ガラモ】
魚やイカの産卵場所や生息場所となっている褐藻類の1種。
【ガレ場(ガレバ)】
山の斜面が崩れ、岩石がごろごろしているような場所、水中にゴロタ石があるところ。
【カレント】
海流や潮流を意味する言葉で、淡水域の湖流や川の流れ、風などによって起こる流れなど、水の動きを指す。
【冠水植物(カンスイショクブツ)】
水中に沈んだ植物の事。増水や洪水などで冠水している植物のこともいう。
【ガン玉(ガンダマ)】
真中を割り込んであり道糸に挟み込んで使うオモリ。[=カミツブシ]
【干潮(カンチョウ)】
潮が引いて、海水面が最も低くなる現象。[⇔満潮]
【ギア比(ギアヒ)】
リールのハンドルとスプールの回転比率のこと。ハンドル1回転でスプールまたはローターが何回転するかを示す値。
【キーパー】
検量の対象となる魚のサイズのこと。
【疑似餌(ギジエ)】
小魚や小動物・水中昆虫等に似せて作った、ルアー・サビキ・毛針等ぼ偽物の餌の事。
【汽水域(キスイイキ)】
海水と淡水が混じった水を汽水といい、河口部など汽水の場所を言う。
【キャスティング・キャスト】
仕掛けやルアーを投げること、あるいはその動作。
【キャッチアンドイート】
釣った魚を持ち帰って料理し食べること。
【キャッチアンドリリース】
釣った魚を逃がすこと。釣る事のみを楽しむゲーム性の高い釣りをする人や、抱卵体や小さい魚はリリースする場合も。
【ギャフ】
先端がカギバリ状になっていて、引っ掛けて魚やイカを取り込むための道具。
【キャロライナリグ】
中通し式のシンカーとスイベルを使用したリグのこと。
【魚群探知機(ギョグンタンチキ)】
水中に音波を発し、その反射を感知して湖底のようすや魚の存在を示す機器。
【漁礁(ギョショウ)】
人工的に海底に沈めた廃船やコンクリートブロック、岩場、石などで、海に棲む生き物が集まるところ。
【魚信(ギョシン)】
魚がルアーに食いつくこと、またはその感触を得ること。魚信。[=アタリ・バイト]
【魚道(ギョドウ)】
魚が移動する上で障害となるものを越えて、魚が遡上したり、下ったりできるように設置された通路。
【キンク】
ラインが荷重や摩擦などによってよじれた状態になってしまうこと。