ネット通販 抽選 無料

釣り用語集

【食い上げ(クイアゲ)】
魚が針にかかってから、水面に向かって泳ぐ行動。
【食いが立つ(クイガタツ)】
魚が釣れ始める事。
【食い渋り(クイシブリ)】
魚がなかなか餌を食べない事。
【クッションゴム】
あわせた時のショックや魚の急激な引きでラインが切れないようにするゴム。
【グラスファイバー】
無機ガラスを繊維状に加工した素材で、ロッドの主力素材として竹や木に代わり広く普及したが、現在はカーボン素材に取って代わられた。
【グラビンバズ】
ノーシンカーのグラブで水面を引く釣り方。
【グラブ】
ズングリしたボディーに大きめのカーリーテールがついたソフトベイトを指す。
【グラファイト】
黒鉛あるいは石墨のことで、炭素の同素体。カーボンと同様の意味合いで使用されることが多い。[=カーボン]
【クランクベイト】
高い浮力があるので水面に浮くがリールを撒くと規則正しく左右に動きながらリップの長さに応じてどんどん潜っていくルアーのこと。
【クリアウォーター】
透明度が高い水質を指す言葉。[⇔マッディーウォーター]
【クリーク】
水路のこと。
【クローズドフェイスリール】
ルアー用のリールのことで、形はスピニングリールに似ているが、スプール部がインナータイプになっており、巻き取り機構が異なるリールのこと。
【グローブ】
釣りに使用する手袋のこと。全ての指先が切れているタイプや親指・中指・薬指が切れているタイプなど、形や用途も様々なものがある。
【クローフィッシュ】
ザリガニのこと。
【黒潮(クロシオ)】
東シナ海を北上し、九州と奄美大島間のトカラ海峡から日本の南岸に沿って房総半島沖を東に流れる水温の高い海流の事。
【クロス】
キャスティングの種類で、アップクロス、ダウンクロスなどと使われる。
【ゲイブ】
フックの部位を指す言葉のひとつで、フックポイントとシャンクの間を指す。この幅が広いフックのことを「ワイドゲイプ」と表現する。
【ケーソン】
防波堤を構成するコンクリートブロックの基礎部分。
【外道(ゲドウ)】
自分が目的とした以外の魚の事
【毛針(ケバリ)】
主にフライフィッシング等で使う、鳥等の動物の毛を使い小動物に似せた疑似餌の事[=フライ]
【氷締め(コオリジメ)】
氷を入れたクーラーにバケツで海水を入れて用意し、魚を釣ったらすぐに入れる。魚は即死するので鮮度は抜群の状態で保たれる。
【小潮(コシオ)】
干潮・満潮の差が一番小さい時の潮の事。
【ゴボー抜き(ゴボーヌキ)】
掛かった魚をランディングネット等を使わずにそのまま抜きあげてしまう事。
【コマセ】
魚を寄せ集める為の餌の事。[=撒き餌]
【五目釣り(ゴモクヅリ)】
いろんな種類の魚を釣る事。5種類釣った事を五目釣りと言う事もある。
【ゴロタ】
ゴロゴロした大き目の石の事を言う。