lbgʔ I

釣り用語集

【サーフェス】
水面。
【サーベリング】
タチウオ狙いのルアー釣りのこと。
【サーモクライン】
湖の深いところと浅いところで温度差があるときの、温度差のある間の層の事をサーモクラインという。
【サイトフィッシング】
魚を目で確認しながら釣ること。[=見釣り]
【サウスキャロライナリグ】
キャロライナリグの正式名称。シンカーとフックの間をサルカンとリーダーでつないだソフトベイト用の仕掛け。
【先調子(サキチョウシ)】
主に繊細な当たりを取るために作られた竿先が柔らかい竿の調子。[⇔胴調子][=ファーストテーパー]
【下げ潮(サゲシオ)】
満潮から干潮になっていく時の、潮位が下がっていく状態の事。[⇔上げ潮]
【サスペンド】
「吊り下げる」あるいは「宙に浮かせる」という意味の言葉で、魚やルアーが一定の層で静止している状態のこと。
【サバ皮(サバカワ)】
サバの皮を乾燥させて色をつけたもので主にサビキ釣りの仕掛けなどを作る。
【サビキ】
防波堤等で小アジ・小サバ・イワシ等を釣るときや、船釣り等の時にもよく使う、ビニールや魚の皮などで作った疑似餌がたくさんついた仕掛けの事。
【サミング】
キャストをする際、飛距離を調節したりバックラッシュを防止するために親指でスプールに触れること。
【サラシ】
打ち寄せる波が白く泡立つ状態の事。
【サルカン】
ラインとラインの連結に用いる金具。[=スイベル・ヨリモドシ]
【三段引き(サンダンビキ)】
魚のアタリ方の事で、前アタリ~本アタリまで三段階あるアタリの事を言う。
【サンドバー】
川などからの流れ込みで砂が体積して細長い沖に伸びている岬状になった場所。中州ともいう。
【時合い(ジアイ)】
魚の食いが立つ時間帯の事。[=食いが立つ]
【地磯(ジイソ)】
陸続きの磯の事。[⇔沖磯]
【シェイク】
ルアーを操作する際のテクニックのひとつで、ロッドティップを小刻みに震わせてルアーに微細なアクションをさせること。
【シェード】
陰になった部分のこと。
【潮止まり(シオドマリ)】
干潮満潮の変わり目で、干潮満潮時に一時的に潮が止まった状態のこと。
【潮回り(シオマワリ)】
15日間を周期とする潮の干満の変化。
【潮目(シオメ)】
潮の境目のこと。潮流の変化や速度差によって出来る。
【ジギング】
ジグと呼ばれる主として鉛でできたルアーを動かして釣る釣り。ジグに重量があるので、船釣りなどで魚が深いところにいる場合や遠くに投げて釣る時の釣り方。
【ジグ】
金属製のルアー。
【ジグヘッド】
シンカーが一体となったフックの総称。
【時化(シケ)】
海が荒れる事[⇔凪]
【しご】
魚をさばくこと。
【沈み根(シズミネ)】
"海底にあり、水面に姿を現さない岩礁帯、または障害物の事を言う。[=沈み瀬]
【沈み瀬(シズミセ)】
最干潮時でも水面下に沈んでいる岩礁のこと。[=沈み根]
【シモリ】
海の岩礁や藻場のこと。[≠ストラクチャ]
【ジャーキング】
ロッドを強くシャクリ、ルアーに不規則な動きを加えるテクニック。
【しゃくる】
竿を上下、左右に動かす事。
【シャロー】
浅いという意味。基準はないが、水深のあまりない浅場のことをいう。[⇔ディープ]
【シャンク】
フックの部位を指す言葉のひとつで、フックの軸の部分を指す。
【出世魚(シュッセウオ)】
シーバスやブリ等大きくなるにつれて、呼び名が変わる魚の事。
【シュリンプ】
小エビに似せて作られたソフトルアーのこと。
【ショア】
岸のこと。[⇔オフショア][=オカッパリ]
【ショートバイト】
ルアーにバイトがあるものの、フックアップにはいたらない状態を指す。
【ショックリーダー】
メインライン(特にPEライン)とルアーの間に付けるナイロン、又はフロロカーボン製のラインの事。
【シンカー】
オモリのこと。
【シンキング】
沈むこと。[⇔フローティング]