lbgʔ I

釣り用語集

【瀬(セ)】
潮流の速い場所。またそこにある岩礁。
【瀬落ち(セオチ)】
瀬が淵に落ち込む付近。
【背掛け(セガケ)】
生きエサを使った泳がせ釣りで、魚の背中にハリをかけること。
【瀬尻(セジリ)】
瀬の終わる地点。
【セルフウィードガード】
ウィードなどからの根掛かりを防ぐためにワームの本体に少しだけフックの先端を刺しこむこと。
【瀬渡し(セワタシ)】
歩いて行けない沖の離れ小島や岩礁、堤防に船で渡してもらうこと。
【潜行板・潜水板(センコウバン・センスイバン)】
トローリングでルアーを沈めるとともにアクションもつける補助具。
【全遊動式仕掛け(ゼンユウドウシキジカケ)】
中通しウキを使い、ウキ止めを付けない仕掛け。
【底荒れ(ソコアレ)】
海が荒れて、海底の砂やゴミが舞い上がった状態。
【底潮(ソコジオ)】
海底付近を流れる潮のこと。
【底物(ソコモノ)】
磯の海底付近に生息する魚。イシダイ、イシガキダイ、クエ、アラなど。
【底を切る(ソコヲキル)】
仕掛けの着底後、底から少し離すこと。
【ソナー】
魚群探知機が船の真下を探知するのに対し、周囲方向を探知できるものをソナーと称している。
【ソフトベイト】
合成樹脂やラバーでできた柔らかいルアーのこと。[⇔ハードベイト]
【遡上(ソジョウ)】
魚が季節により海や湖から川の上流に上ること。
【ソリッドブランク】
中空状ではないロッドブランクのこと。[⇔チューブラーブランク]
【ソルティー】
ワームに味をつける事で少しでも長く魚にワームをくわえさせておくため塩が混ぜ込まれているソフトベイトの事。