ネット通販 抽選 無料

釣り用語集

【ティーザー】
トローリングで音や泡を出して魚の興味をひきつける集魚器のこと。
【ディープ】
深いという意味。基準はないが、水深のある深場のことをいう。[⇔シャロー]
【ティップ】
ロッドの先端部のこと。
【ティンバー】
ダム湖や池などの水中に沈んでいる立ち木のこと。
【テーパー】
ロッドの調子を表す言葉。[=調子]
【テール】
ルアーの尾の部分。
【テールウォーク】
バスやカジキなど、魚がフックをはずそうとして水面を尾びれで歩くようにファイトする様子。
【テールスピナー】
ナマリ製のルアーの尾にブレードが付いたルアーのこと。
【手返し(テガエシ)】
効率よく手際よく釣ることを「手返し良く釣る」という。
【テキサスリグ】
針の上にパレットシンカーをつけるワームの仕掛け。
【テグス】
釣り糸のこと。
【テクトロ】
「テクテク歩きながらトローリングをする」という意味の言葉から作られた造語で、岸釣りの際に自分が歩きながら行うこと。
【デッドスロー】
「止まるほど遅い」という意味で、ルアーをできるだけゆっくりと動かすことを指す。
【デッドドリフト】
フライを流れに任せて下流に流すこと。
【テトラ】
消波ブロックのこと。
【テレスコピック】
数本に分かれたロッドを継ぎ足して1本にするのではなく、振り出し式になっていて、しまうと1本になるロッド。
【テンカラ釣り(テンカラヅリ)】
日本古来の毛鉤による釣法の事で、専用の竿と専用の糸、そして毛ばりを使う釣りの事。
【電撃フッキング(デンゲキフッキング)】
バイトを感じた瞬間、思いっきり鋭くアワセること。
【テンション】
ラインの張り具合のこと。
【テンビン】
金属の針金で出来ている、仕掛けが絡まないようにするための物。
【テンヤ】
タコ、イカを釣る為の仕掛で、餌を取り付ける軸に針とオモリが一体になっている物。
【トゥイッチ】
ミノープラグのアクションのひとつで、ロッドを軽くあおって水中でルアーを踊らせること。
【胴調子(ドウチョウシ)】
魚が掛かった時の竿の曲がり具合が、全体的に緩やかなカーブを描くのが胴調子。[=スローテーパー][⇔先調子]
【年なし(トシナシ)】
50cm以上の大きなクロダイのことをこう呼ぶ。
【ドッグウォーク】
おもにペンシルベイトのアクションを指すトップウォータープラグが左右へ首を振るようにして進むアクションのこと。[=ウオーキング・ザ・ドッグ]
【トップ】
ルアー釣りで水面のことをさす。[⇔ボトム]
【トップウォーター】
ルアーを泳がせるレンジで、水面の事。
【土用隠れ(ドヨウガクレ)】
夏の土用の水温が高い期間、魚が深場に移動し、釣れなくなること。
【ドライフライ】
水面に浮かべて使用するタイプのフライ。
【トラウト】
マス(鱒)のこと。ヤマメ、アマゴ、イワナ、ニジマス、サクラマスなどのマス類、またはその釣りのことを言う。
【ドラグ】
ラインブレイクを防止するためリールに備えられた機能のこと。
【ドラッギング】
ボートや風、流れなどを利用したトローリングにより一定のレンジを一定のスピードでトレースするルアーの泳がせ方。
【トリッキー】
惑わすようなルア-の動きのこと。不規則なルアーの動きのこと。
【ドリフト】
流れに乗せてルアー移動させること。
【とりやま】
魚の群れに、海鳥が集まっていること。
【ドレイン】
湖などから流れ出す川や水路を指す。[=アウトレット]
【トレーラー】
ラバージグやスピナーベイトに取り付けるもの。
【トローリング】
船でルアーを引っ張りながら魚を釣る方法。
【ドロップオフ】
かけあがりよりも急斜面な、岸から急激に水深が深くなっている場所のこと。[=ドン深]
【トロ場(トロバ)】
川の流れが緩やかで、ある程度水深がある場所。
【ドン深(ドンブカ)】
かけあがりよりも急斜面な、岸から急激に水深が深くなっている場所のこと。[=ドロップオフ]