ネット通販 抽選 無料

釣り用語集

【バーチカルジギング】
前にキャストするのではなく自分の真下に落とし、シャクって魚を誘うことをいう。
【ハードボトム】
砂礫や砂利、岩盤などボトムマテリアルが硬い状態を指す。
【ハードベイト】
硬質のプラスチックや木材を素材にしたルアーの総称。[⇔ソフトベイト]
【バーブ】
釣り針の先端部分にある小さな突起で、一度かかった針が魚の口から外れないようにするためのもの。[=カエシ]
【バーブレス】
バーブがないフックのことをいう。魚のダメージを減らすことができる。
【パーミング】
ベイトリールのような両軸リールを巻くときに、リールシートごとロッドを持つ方の手の平で包み込むように持つ方法。
【バイト】
魚がルアーに食いつくこと、またはその感触を得ることをいう。[=アタリ・魚信]
【バイブレーション】
ただ巻くだけで水の抵抗を受け、小刻みに振動するタイプのリップのないルアー。
【パイロットルアー】
釣りの手始めに、フィールドのコンディションや魚のいる水深などをチェックするためにキャストするルアーのこと。
【バウ】
船の前側のこと。
【バジング】
スピナーベイトのリトリーブ・テクニックのひとつで、水面にブレードが出るか出ないかの状態でリトリーブし、ノイズを発生させること。
【バチ抜け(バチヌケ)】
ゴカイ、イソメなどの多毛類が産卵のため川底の泥地から這い出て水面を浮遊する状態のこと。
【バッカン】
防波堤や磯釣りでコマセや水を入れておくための軽量の入れ物。
【バックウォーター】
リザーバーにおける最上流部周辺や、本流となる川が流れ込んでいる場所のこと。
【バックラッシュ】
ベイトリールを使用している際のトラブルのことで、ラインが引き出されるよりも速くスプールが回転してしまうことによって起こるスプール部の糸絡みのこと。
【バット】
ロッドのグリップより上~胴までの部分。並み継ぎ(2ピース)の場合は、リールを固定する側をバットセレクション、ティップ側をティップセレクションという。
【払い出し(ハライダシ)】
護岸や磯、堤防などに波がぶつかり砕けて白い泡となり濁っているところ。
【パラボリックテーパー】
ロッドの調子を表す言葉で、放物線を描くように曲がるロッドをいう。
【ハリス】
針をつける糸の事。通常サルカン等で道糸に連結して使う。
【バレットシンカー】
主にテキサスリグやキャロライナリグで使用する砲弾型の中通しのオモリのこと。
【バレる】
一度フッキングした魚が、エラ洗いされたり竿さばきがうまくいかなかったりすることで、魚が外れてしまうこと。
【バンク】
岸のことで土手や水際で傾斜があるところ、草木の根本がえぐれている所を言う。
【ハングオフ】
障害物やストラクチャーに引っ掛けたルアーを意図的にはずすこと。[⇔ハングオン]
【ハングオン】
ルアーを障害物やストラクチャーに意図的に引っ掛ける事。[⇔ハングオフ]
【反転流(ハンテンリュウ)】
大きな流れの影響で流れが巻き返されて出来る流れ。
【ハンプ】
ストラクチャーの一種で、水中のコブ状に盛り上がった所や、小山の事。