lbgʔ I

釣り用語集

【PEライン(ピーイーライン)】
ポリエチレンを素材とした縒り糸。ナイロンやフロロカーボンと比較すると伸びが非常に少なく、直線引張強度が圧倒的に高い。アタリが分かりやすいためディープエリアでの釣りに使用されることが多い。
【引かれ潮(ヒカレジオ)】
大きな流れに引っ張られてできる流れのこと。
【左ヒラメ右カレイ(ヒダリヒラメミギカレイ)】
ヒラメとカレイの見分け方。表を向け腹側を下にして、目が左側にあればヒラメ、右側にあればカレイ。
【ピッチング】
キャスティングテクニックのひとつ。ロッドを大きく振らずに、身体の前方で下から上へ軽く振り上げた際のパワーでルアーをキャストする。
【ヒット】
魚が餌を食べて、針にかかった時の事。
【引っ張り強度(ヒッパリキョウド)】
釣り糸の強さのこと。
【平打ち(ヒラウチ)】
ルアーの動きを指す言葉で、ルアーがストラクチャーに当たり、バランスを崩してヒラリと身をひるがえすさまのこと。
【ヒロ】
釣り人が使う長さの単位。両手を広げた時の長さでだいたい1.5m前後。
【貧果(ヒンカ)】
ボウズではないが、あまり魚がつれなかったこと。また小さいサイズの魚しか釣れなかった事をいう。
【ピンテール】
テールが細くなっているソフトルアーやワームのこと。
【ファーストテーパー】
ロッドの調子を表す言葉で、先端部が大きく曲がる先調子のものをいう。[⇔スローテーパー][=先調子]
【ファーストムービングルアー】
速いリトリーブで広い範囲を素早く、手返し良く攻める事が出来る巻物系ルアーのこと。
【ファーストリトリーブ】
素早くリールを巻くこと。[⇔スローリトリーブ]
【フィーディング】
魚が小魚などのエサを追って食べている状態のこと。
【フィーディングエリア】
魚が小魚などのエサを追って捕食する場所の事。
【フィート】
長さの単位。1フィート=約30.5cm。
【フィッシュイーター】
魚を捕食する肉食魚の事。
【フィネス】
ノーシンカーや、ダウンショットなどのライトタックルでする繊細なアプローチや釣りのこと。
【フォールターンオーバー】
冷たくなった表層と下層の温かい水との比重の違いで水中での上下の水が入れ替わること。
【フォロー】
ハードルアーで釣れなかった魚を、ワームなどで再度アプローチすること。
【フッキング】
魚がルアーや餌にバイトした際、フックポイントを魚の顎に貫通させるためにロッドを強くあおること。[=アワセ]
【フック】
釣り針のこと。
【ブッシュ】
小さな立ち木やアシ等が水面上に出ている場所、水中や岸辺にある藪状のストラクチャーの事。
【フライ】
毛ばりのこと。[=毛ばり]
【プラグ】
木やプラスチックなどでできている小魚の形をしたミノー系ルアーの総称。
【ブラクリ】
オモリと針がつながっている仕掛け。
【ブラシガード】
ウイードやカバーなどに引っかからないようにジグヘッドなどに装着されるブラシ状のプラスチック製パーツ。
【ブランク】
パーツを除いたロッド本体部分。
【ブランクスルー】
ブランクがグリップ内部まで貫いているタイプのロッド。
【フリーフォール】
ラインスラックを出して、着水地点から真下にルアーを沈めること。[⇔テンションフォール]
【プリスポーニング】
魚の産卵前の状態や、時期の事。
【ブレイク】
水中の傾斜した地形のこと。急激に深くなるボトム変化を意味する。[=かけ上がり]
【ブレード】
スピナーベイトなどに付いている金属の板の事。インディアナブレードやコロラドブレードなどの種類がある。
【プレゼンテーション】
ルアーやフライを狙ったポイントへキャストすること。
【プレッシャー】
多くのアングラーが釣りをすることにより、魚がルアーや人影を警戒して釣りづらくなる状態のこと。[=スレる]
【フレッシュウォーター】
湖、池、沼、川などの淡水域のこと。
【フローティング】
物が水面に浮き上がること。
【フロートタイプ】
水面に浮かぶラインやルアーのこと。
【フロロライン】
フッ化炭素を原料にしたモノフィラメント(単繊維)の釣り糸。