lbgʔ I

釣り用語集

【ベイエリア】
港湾周りのこと。
【ベイト】
魚の餌となる生物の総称。おもに小魚を指す。
【ベイトリール】
比較的重いルアーをキャストするためのリールとして使われる。巻き上げる力が強いのでウエイトのあるルアーをリトリーブするのに適しているが、バックラッシュを起こしやすい。
【ベイル】
スピニングリールのラインをスプールに巻く半円状の細長い金属パイプ。
【ベジテーション】
湖沼の水辺・水面・水中にある葦、ガマ、ヒシモ、ハスなど植物全般のことをベジテーションという。
【べた凪(ベタナギ)】
風がなく、水面が鏡のように穏やかな様子。
【ヘチ】
波止の堤壁のすぐ際をのこと。
【ヘビーカバー】
水生植物が密集していて、水面が見えない状態になっているところ。
【ヘビータックル】
硬い竿や大きくて強いベイトリールなどの大型の魚を狙うタックル。[⇔ライトタックル]
【偏光グラス(ヘンコウ)】
水面の光の乱反射を抑えて、水面のウキ、水中の障害物、魚などを見やすくする釣り人用のサングラスの一種。
【ペンシルベイト】
棒状のシンプルな形状をしたトップウォータープラグの総称。
【ベンド】
フックの湾曲している部分やロッドの曲がる部分、リザーバーの蛇行している部分、川の曲がった部分のことをいう。
【ボイル】
魚が水面付近で水音をたてながら捕食行動をとっている様子。明らかに捕食行動をとっていたり、連続している状態を指す。[≠ライズ]
【ポイント】
魚を釣る場所の事。
【ボウズ】
魚が釣れなかった状態の事。
【ポークリンド】
豚の皮や脂身から作られたルアーでラバージグのトレーラーなどに使われる。
【ボケ】
主にクロダイ釣りのエサとして使われるニホンスナモグリのこと。
【保護水面(ホゴスイメン)】
水産資源保護法に基づいて、海の水産動物の採捕(釣りも)を全て禁止した海区。
【ポッパー】
ルアーの頭部がカップ状にへこんでいて、ラインを引くことでポップ音を出し、このサウンドや水しぶきで魚を誘うルアー。
【ボトム】
湖底や川底、海底など、水域の底の部分を指す。[⇔トップ]
【ボトムノッキング】
クランクベイトのアクションのひとつでリップの部分を湖底にぶつけながら跳ねる感じで泳がせること。
【ボトムレンジ】
底層のこと。
【ポンド】
釣り糸の強さの単位。
【ポンピング】
リールを巻き上げながら竿をあおること。魚を引き寄せるためのテクニック。