lbgʔ I

釣り用語集

【マイグレーション】
回遊型の性質をもった魚の動きを指す。
【巻き合わせ(マキアワセ)】
アタリを感じたらリールを素早く巻いてアワセること。
【マキエ】
魚を寄せ集める為の餌の事。[=コマセ]
【マグネットブレーキ】
キャストしたときのスピードを磁石の磁力で回転を制御するベイトリールのブレーキシステム。
【マズメ】
日の出、日の入りの前後の魚の活性が上がるときのこと。それぞれ朝マヅメ・夕マヅメという。
【マッチザハッチ】
フライフィッシングで、狙っている魚が捕食している水生昆虫に模したフライを使って魚を釣ること。
【マッチザベイト】
その時魚が補食しているベイトに合わせて、同じ様な形、大きさ、色のルアーを使うこと。
【マッディーウオーター】
濁った水質のこと。[⇔クリアウォーター]
【マテリアル】
材料や原料のこと。
【満潮(マンチョウ)】
月と太陽の起潮力によって潮位が極大となった状態。[⇔干潮]
【マンメイドストラクチャー】
杭、桟橋、消波ブロック、橋脚など人工的に作られた、もしくは人為的に設置された構造物の総称。[⇔ナチュラルストラクチャー]
【みお筋(ミオスジ)】
港から船が出入りしたりするために、深く掘られた溝の事。
【水潮(ミズジオ)】
大雨などで真水が大量に海に流れ込み、塩分濃度が低くなった海をのこと。
【道糸(ミチイト)】
リールに巻いた糸で、仕掛けを結ぶ糸の事。
【見釣り(ミヅリ)】
魚を目で確認しながら釣ること。[=サイトフィッシング]
【ミノー】
小魚の形を模したハードベイトのことを指す。
【ミヨシ】
船首。船の先端部のこと。
【向こう合わせ(ムコウアワセ)】
魚の方から勝手にハリに掛かること。
【メソッド】
釣りの手法のこと。
【メタルジグ】
板状の金属にフックがついたシンプルな形状のルアー。
【モトス】
仕掛の中心となっている糸。