ネット通販 抽選 無料

釣り用語集

【夜光虫(ヤコウチュウ)】
夜の海で月の光に反応し輝く海洋性の発光プランクトン。海が富栄養化されている。
【矢引き(ヤビキ)】
弓を射る時の伸ばした手と弦を引く手の間隔。約1m。
【藪こぎ(ヤブコギ)】
オカッパリで水辺までの道がないときに草や木をかき分けて道なき道を行くこと。
【夕マヅメ(ユウマヅメ)】
夕方の暗くなり始める時間帯。[⇔朝マヅメ]
【よどみ】
水の流れが石や岩にさえぎられ流れが遅くなったところ。
【ヨリモドシ】
ラインとラインの連結に用いる金具。[=サルカン・スイベル]
【ヨレ】
本流の脇にできるまっすぐ流れない複雑な流れや、潮流が乱れてよじれているところ。
【ライズ】
魚が水面まで上がってきて、水音をたてたり跳ねたりすること。[≠ボイル]
【ライトタックル】
小型の魚を対象とした、軟らかめのロッドと小型で軽量なリール、細いラインを組み合わせたタックル。[⇔ヘビータックル]
【ライトリグ】
小さなルアーやワーム、軽いオモリ、細いラインを使った繊細なリグ。
【ライブウェル】
釣り上げた魚を生かしておくために酸素の循環機能が付いた生け簀のこと。
【ラインスラッグ】
ラインのたるみのこと。[=糸ふけ]
【ラインブレイク】
魚とのファイト中ラインを切られてしまうこと。
【ラトル】
ルアーの中に入っている音を鳴らすための球。
【ラバージグ】
オモリとハリが一体となったジグヘッドにラバースカートといわれる、細いゴムひもが付いているルアー。
【ランカー】
記録的なサイズの大物のこと。
【ランガン】
一箇所に留まらず、ハイテンポで次々に回っていく釣り方のこと。
【卵胎生魚(ランタイセイギョ)】
親魚の体内(輸卵管のふくれた部分)で発育し、ある程度成長してから生まれる種類の魚のこと。
【ランディング】
タモなどで魚をすくうこと。
【リアクションバイト】
魚が反射的にルアーに食いつくこと。
【リーダー】
もとのラインからルアーまでのライン。
【リール】
スピニングリール、ベイトリール等、釣りの種類によっていろんな種類がある、糸を巻く道具の事。
【リグ】
ワームを使用する時の仕掛けのこと。
【リザーバー】
ダム湖のこと。
【リップ】
ミノーやクランクベイトなどルアーの口元に付いたプラスティックの潜行版のこと。
【リップレスミノー】
リップが付いていないミノーのこと。
【リトリーブ】
リールを巻き、ルアーを寄せてくる動作。
【リフトアンドフォール】
ルアーを浮かせたり沈めたりするテクニック。主にワームに使用する。
【リリース】
釣った魚をその場で逃がす事。
【ルアー】
魚や小動物・餌に似せた、疑似餌の事。
【レイダウン】
倒木のこと。
【レベルワインダー】
ベイトリールで、ラインをスプールに巻きつけるとき、ラインが均等に巻けるようにするためにシャフトの上を平行移動する自動平行巻き装置。
【レンジ】
魚の泳いでいる深さの事。魚の遊泳層。[=タナ]
【ローリング】
ルアーを正面から見て左右に回転するさま。
【ロスト】
根掛かりなどによってラインブレイクしルアーをなくすこと。
【ロックエリア】
水底の地質が岩石や溶岩で形成されている場所のこと。
【ロックフィッシュ】
メバル、カサゴなど底の根に着いている魚。[=根魚]
【ロッド】
竿のこと。
【ロングジャーク】
ロッドを大きくあおってルアーをアクションさせる、ジギングで行うロッド操作の基本パターンのひとつ。
【ロングステイ】
比較的長い時間ボトムでルアーやエギを滞在させること。
【ワーム】
ルアー釣りではエサに似せたソフトプラスティック製の擬似エサのことを指す。
【若潮(ワカシオ)】
小潮、長潮のあとの潮の干満が大きくなってくる初日のこと。
【わき潮(ワキジオ)】
潮流がブレイクやストラクチャに当たって、下から湧いている流れ。
【ワッキー】
ソフトルアーを使用する際のリグの一種で、ソフトルアーの中央部にフックをチョン掛けする方法。
【ワンド】
湾状になった小さな入り江のこと。
【ワンピースロッド】
1本のブランクから作られた、継ぎ目のないロッドのこと。